通勤講座で中小企業診断士を目指す事にした!

前回のブログで、中小企業診断士試験の学習方法には、大きく分けて「通学」と「独学」の2つがあり、それぞれメリット・デメリットがあるので、その人に合った方法を選びましょう、という記事を書きました。
今回は、「独学」の勉強方法について、更に詳しく書いていきたいと思います。

前回の記事で書いた通り、「独学」には、本屋で参考書を買って来て勉強する完全独学と、通信教育を利用する方法の二通りの勉強方法があります。
完全独学の参考書としては、TACの「スピードテキスト」と「スピード問題集」が有名です。それ以外にも色々な会社から参考書や問題集が出ていますが、先輩診断士の方々から聞いた話では、TACのものが一番品質が安定していて信用できるとのことです。
あと、2次試験に向けては、「ふぞろいな合格答案」が非常に有名です。これだけで受かった方も沢山いらっしゃるみたいですね。
これらの参考書だけで合格できた場合、書籍代くらいしかかからないので非常にコストは安いのですが、1500時間必要と言われている中小企業診断士試験を完全独立で合格するのはかなり至難の業だと思います。

そこで、お勧めなのが通信教育を利用する方法です。ちなみに、僕も通信教育を利用する事にしました!
通信教育にも色々なものがありますが、僕は「通勤講座」というものを受講する事にしました。全ての講義が動画で解説されていて、更にその動画がスマホからでも視聴可能なため、日々激務で時間が無いSEの僕にピッタリだと考えたからです。これなら行きと帰りの通勤電車で勉強する事ができます。まさに「通勤講座」ですね!この会社の思惑にまんまと載せられてしまいました(笑)
最初の科目は無料で体験する事ができるので、実際に試してみましたが、講義内容も非常に分かりやすいですし、2倍速等の高速再生をすることもできるので、復習もやりやすそうです。この講義をひたすら聞いてるだけで合格できたら最高ですね!

通勤講座の費用ですが、1次2次試験対策のコースで59980円です。ただし、このコースには印刷されたテキスト等はついて来ないため、冊子版のテキスト等が欲しい場合は、+12980円かかります。
僕は、冊子版も欲しかったので追加で1万円強を支払ましたが、実際に手元にある資料を見る限り、テキストは不要で、学習マップというマインドマップだけあれば良かったかな~と少し後悔しています。学習マップは講義の内容が簡潔にマインドマップで纏められているので、電子版だけでなく、冊子版があると、書き込み等もできるのでとても便利です。一方、テキストは、買ったは良いけど全く使っていません(涙)。ちなみに、学習マップだけの場合は、+7980円で済むので、ちょっとだけ安いです。

まだまだ来年の試験に向けて勉強を始めたばかりなので分からない事だらけですが、通勤講座で中小企業診断士をゲットできるように頑張ります!

参考にしたサイトはこちら↓
http://www.中小企業診断士独学.net/